基本的に防犯カメラの死角をなくすように取付します。

それに加えて、入口などの重要な所には全体を写しているカメラとは別に望遠系のカメラを付けるとか、もう一台、角度や取付高さを変えたカメラを取りつけしておく方が良いと思います。

たとえば右側方面から写しているカメラと、左方面から写しているカメラを取りつけるなど。

一般的には死角をなくすという場合、写らない部分をなくすという意味ですが、写っていても犯人の特徴をつかめない場合、効果が半減してしまいますので取付するときは向きと角度に注意が必要です。

おそらく初め取り付けた(考えた)台数以上のカメラが必要になってくると思います。