防犯カメラを選ぶ際、手軽に設置できる無線式にするか、面倒でも有線式(ケーブル式)にするか迷っている方に参考になればと思います。

防犯という考えで防犯カメラを取りつけるのではなく、万が一の時の証拠として選ぶなら有線式(ケーブル式)を選んだ方が絶対にいいです。

私も無線式を2015年10月現在3台使ってはいますが、見通し距離で100m以内で使っていて、かつアンテナ部分は屋外に延長ケーブルで出した状態でもたまに画像が途切れます。送受信ともアンテナを高利得型にしていてもこのような電波状態です。

ノーマルのままだとおそらく相当電波の届く範囲が狭いと思います。

同じ周波数帯(2.4GHZ)の無線LANを家の外で使えるかどうかですね。通常無線LANは家の中でwifiを使う為に設置しますが、家の外でパソコンを使う感じです。だいたい電波が届かないと感じると思います。

あと無線式は今現在、52万画素が高画質といううたい文句で販売されているぐらい、画質が悪いです。

ちょっと前に100万画素のカメラが販売され始めた感じですが、有線のタイプは4Kの発売です。このタイミングからするとかなり無線式は遅れていると思いませんか?しかも価格は有線式から比べるとかなり高価です。

52万画素の画素数だと犯人がかなり近づいてこない限り顔をしっかり写せません。

 

無線式カメラのデメリットを書きましたが、無線式を取付するしかない場合もあると思います。

たとえば公道をまたぐ場合や、入口や重要な所は有線式のカメラで写して、奥の場所やあまり重要でない場所は無線で死角を補う

という使い方はありだと思います。犯人の行動だけ分かればいいのでしたら無線式の38万画素~52万画素でも十分足りるので選ぶ価値はあると思います。