今作っている発電所も終わりが見えてきたので防犯カメラを設置しました。

最近気にいって購入しているハイクビジョン製のカメラ、初めはあまりにプラスチック感があって抵抗感がありましたが、小型で目立たないのと、200万画素でそこそこ高画質、そして何より安いので隠しカメラ的に使う事が多くなってきました。

パネル下なら直射日光に当たらないのでそこそこ持つのかなっと言うのも有ります。

さて、今回の発電所は隣接してある為、カメラの撮影範囲を少し変えて有ります。

理由は1つの発電所でケーブル盗難(電源喪失)があっても別な発電所のカメラで撮影を続けている様にしてあります。
他の発電所も各カメラに蓄電池を組み合わせれば良いのでしょうけれどコスト的な問題で導入していません。

隣接地で太陽光を作っている場合は、区画内を写すだけでなく、それぞれの発電所を写しあうようにカメラを付けるとより防犯対策になるのでおススメです。