一般的には防犯カメラは抑止効果を狙って目立つように取付しますが、私はすべてのカメラを目立つように取付するのではなく、何台かは目立たないように取付するようにしています

本当に隠しカメラの様に分からないように取付するのではなく、ぱっと見分からない、じっくり探さないと分からないような所に付けています。

なぜかと言うと、今の犯人は犯罪をする時、カメラを意識しています。なので全部の防犯カメラの位置が把握されてしまうと対策を考えられたりして抑止効果が無くなってしまいます。

本来なら防犯カメラがあるからといってあきらめてくれるといいのですが・・・。

 

この分かりにくいところに取り付けたカメラのおかげで犯人の顔をとらえる事が出来たことがあり、その後は他の場所でも分かりにくいところにカメラを付けることにしています。

この時の泥棒は、事前に気がついたカメラを写らないようにしてから犯行におよぶ慎重さ

でも分かりにくいところに取り付けてあったカメラに気がつかなく、至近距離から顔を写せました。

 

防犯カメラを落とし穴に例えると

道の先にお宝があったとして、その道には所々落とし穴がある事は分かっています。

落とし穴の位置が分からないのと、落とし穴のあるところに看板が立ててある場合ではどちらがリスクがありますか?

当然、前者の方がリスクが高くあきらめる可能性も高くなります。

絶対あきらめるわけではありませんが、不審者がこのカメラに気がついてから来なくなったなど効果がありましたので公開しようと思いました。

 

デメリットとしてはカメラの台数が少し増えますが、名付けて「落とし穴作戦」どうですか?