今作っている第8発電所、自宅から3~4Kmも離れていて、大通りから少し入ったところにあるのにもかかわらず、親の知り合いが多い。

先日も自転車で通りかかったおじさんが話しかけてきて、「最近〇〇にも太陽光の発電所が出来たよね」とか話をしてきました。
「あっ そこは家の発電所です」というと、父の知り合いらしく色々話をしてきます。
「庭の桃、いっぱいなりているね」とかやたらと詳しい^^;
となりの市町村にある土地とかの場所も知っているし^^;

発電所に看板を出さないといけなくなったけれど、これじゃ筒抜けです。

発電所の管理は近いと便利だけど、近所とかに知られ過ぎるのもちょっと困るな・・・。