犯人の身長は犯人を特定するための1つのキーポイントになります。

よくニュースで「犯人の身長は170センチぐらいで中肉中背」とか流れるアレです。

だいたい、泥棒とかする人は複数の場所で犯行を行うので、それぞれの現場から得られた手がかりから逮捕につながります。

 

犯人の身長を知る手掛かりは、通り道に目安となる印を付けておくか、植木(人の身長に近い物でもOK)を置いて一緒に写るようにしておくとかでもいいです。

だいたい人の身長は150センチから180センチなので、170センチの高さが一つの基準になるかも。

印なら10センチおきにつけておくのもありですね。