ここ数日第8発電所の架台組立をしていました。

ここの土地は三角形の土地(一部欠けがあり)ですが、申請段階で欲張ってパネル枚数を多めに申請していました。

いざ施工を始めて大苦戦。

思っていた以上に土地が鋭角な三角形でした。

巻き尺で測った時、ちょっと角度がずれていたせいか、実際の距離より長く測ってしまってそのまま架台を注文した為入らない。
実際土地の境界ギリギリになってしまいました。

それじゃまずいので、架台配置のパズルに挑戦してました。

結果的に架台は収まりましたが、パネル枚数を2枚ぐらい減らすか、年の大半、影がかかってしまうストリングを作る事で申請通りの枚数を配置するかの選択になってしまいました。

パネル変更をして、高出力のパネルにするという手も有りますが、変更手続きに時間がかかる為、今回はこの方法はパスにしました。

実際にパネルを付けてみてどうするか判断しようと思いますが、土地の形が悪いとデットスペースが増えて余計な苦労をしてしまいますね。

次回は気をつけなくっちゃ^^;