昨日見積り依頼をしたところのうち、年間集荷量が500Mと800Mの2社から早速見積りをいただけました。
仕事が早いですね。

ちなみに価格は2社とも同じでした^^;
でも分譲業者が最近よく使っている緑色のイメージカラーのメーカーからは2割ぐらい安い価格なのでビックリです。
まあ緑色のメーカーはブランド力がありますからね。

見積りをいただいた価格をみると、ソーラーパネルの値下がりもそろそろ頭打ちになりそうな感じを受けます。
なぜそう思ったかと申しますと、住宅とかの窓に入れるガラス、ペアガラスとかではなく普通の1枚タイプの価格とそれほど変わらなくなってきています。
ガラス修理の材料費と大して変わらないと言うのは大変なことだと思います。

ソーラーパネルはガラスに付加価値を付けたものと考えれば本来は価格差がもっと有ってもいいはずなんですけどね。
もっとも中国製の強化ガラスと日本製の強化ガラスでは価格差がありますが、発電機能の付いたガラスがこの値段で買えるのはビックリです。

そのうち農業用のビニールハウスやガラスのハウスを造るより、ソーラーパネル&架台で農業用ハウスを作った方が安く作れるという日が来るかも^^
太陽光発電から目が離せません