先日太陽光発電用の土地をいっぱい紹介してもらったもののうち、1件を購入しました。
購入した理由は、自宅から車で10分ぐらいと近かった事と、単価が安かった事。
あと、せっかく紹介してもらったので今後も紹介してもらえたらと言う期待も有りました。

断ってばっかりだと、もう買わないんだなっと思われてしまいますからね^^

竹が生えているので、年内にはいったん開墾はしておいた方が良いのですが、気長にやります。

それにしても、契約時に売り主さんと話しをしていて、売主さんも太陽光発電をやろうとして購入したそうです。
権利も24円?で取ったけれど、費用がかかりすぎるとのことで断念して今回売りに出したとの事でした。
日本製にこだわっていたみたいなので確かに微妙ですね。24円後半だったらパネル変更可能なので「おや!!」っと思ったけれど売主さんもどうなっているか良く分かっていない。
今回売買価格は権利無しと同じかそれより安かったので、18円の過積載で申請しなおした方が収益的には良さそうなのと、売主さんも良く分かっていない事を色々聞くのも大変なので申請しなおしで行きます。

そういえば、この前銀行さんから何件か持ち込まれていた物件も、一度は太陽光をやろうとした土地だけど、ダメになった物件とのことで持ち込まれていました。
送電線網は大丈夫だったのは確認したのですが、やはり初めて太陽光をやる人にとっては今の太陽光発電はハードルが高くなったと感じるのかもしてません。

売電単価だけをみると半分以下だもんな~。