予定外の事で再度パネルメーカー選びをしているのですが、売電単価も18円とほぼ決定になった現在、産業用の太陽光パネルの市場は、ほぼ海外メーカーの独占状態になると思われます。

住宅の屋根は簡単にパネル交換が出来ないのと、日本人は日本メーカー製にこだわりがあるので住宅用は健闘すると思いますが、この市場は縮小傾向。
日本メーカーのパネルは海外ではあまり売れていないので今後が心配です。

生産規模では海外メーカー、特に中国メーカーとの差が広がっていく

研究開発費があまりかけられなくなる

もっと売れなくなる

このサイクルにハマり、TVとかと同じようにならないといいのですが・・・。

ソーラーフロンティア社には頑張って欲しいですね。

昨年、展示会でもらったカタログを見てパネルメーカーを絞り込み、今年の展示会では色々質問や見積りをもらおうと思っています。

今年の展示会も楽しそうです。