前回の「騙されて分かった、ソーラー用地を購入するときの注意点」の続きです。

まずはじめに「受信料を払いたくない」というタイトルにしましたが、僕はちゃんと自宅だけでなく、事務所にしているところでも支払っています。

土地の管理をメインにしているO社。
今回の件で罰則が無いからノラリクラリしていますが、TVに出ていたりして絶賛されていたりします。
〇〇〇〇〇宮殿とかの番組にも出ていました。

あとタイトルの放送局の番組審議員を何年か勤めています。

なぜTV受けが良いのかと申しますと、ボランティア活動に熱心。
ボランティア活動自体は素晴らしい事です。
でもね、他人の土地を売主の土地だと説明して売っておきながら謝らないのはどうかと思います。
実際今回の対応をしているのは社長の息子です。ただの従業員ではないし。

僕の推測ですが、ボランティアに忙しく、不動産屋さんの基本である確認事項を怠っているのでは。
たった2回しか取引が無いのに2回ともトラブルになるとは。
おそらく他にも被害に遭っている人も多そう。

ちなみに、ここの会社では過去に取引がお客さん向けに学級新聞みたいな物を発行しています。
ちょうど今回のトラブルになった月の新聞では「不動産詐欺に遭わないために」というタイトルで
当社では売買の流れとして
1.物件調査(「調査費をいただきます」となっています。)
2.広告宣伝
3.売買契約
4.物件の引き渡し

なんとジャストタイミングな内容でした(苦笑)
そして素晴らしい物件調査としか言えないです・・・。
僕からしたら不動産詐欺みたいなものにあった気分です^^;

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、ボランティアをしているからと言ってこんな事をしている会社が番組審議員をやっているなら、半ば強制的に受信料をとっているTV局は支払わなくても良いという条件を示してほしいです。

TVが無くてもスマホを持ってるだけで受信料を払わなければならないとか言わないで、今の制度にNOと言える選択肢を与えてほしいです。