自宅の近くに南西向きの発電所と南東向きのほぼ同じ規模の発電所が有ります。
両方とも80KWオーバーの過積載仕様。
パワコンも同じ物を使っているのですが、先月の検針で1300KW以上の差が有ったので、故障かとドキドキしながら点検に行ってきました。

先日は夕方だった為、ブレーカーとケーブルチェック(コネクターの外れのチェック)しかできませんでしたが今日はテスターなどを持って点検に行ってきました。

結果は異状が無かったので一安心。
各パワコンがMAXで発電していたのでおそらく問題は無いでしょう。

発電量が悪かった発電所は、南東側に家や林が有る為、南西側にパネルを向けています。
もう一方の発電所は逆に南西側に家が建っている為、南東に向けて設置しました。

おそらく今回の発電量の違いは午前中晴れたかどうかの差だと思いました。
だとすると、影の影響は別として朝方の方が夕方より太陽が出ている日が多いんでしょうかね。
たまたま2月がそうだっただけかもしれませんが、別の方のブログでも「東向きの方が発電量が多かった」という記事を見た事が有りますので案外朝方の方が太陽が出やすいのかもしれません。

ちょっと気にして経過を観察してみようと思います。