先日和歌山県に行ってきました。

橋本市を通り370号線から371号線を使い近畿地方を横断。

この道、甘く見ていました。

まさに峠道ですね。しかも110Km以上続いていました。

途中コンビニが無いだけでなく民家も少ない。

東北地方を通った時もコンビニが少ないと感じたけれど、その想像を超える山道でした。

救急病院まで2時間。事故に注意なんていう怖い張り紙があったり。

そして、ごまさんスカイタワーと紅葉を楽しみ目的地の田辺市に向かいました。

用事を済ませて、帰りは42号線で奈良を目指し北上。

遠回りになりますが、さすがに山道は厳しい・・・。

国道42号線で写真のような天空のソーラー発電を発見。

今までいろいろな場所のソーラーを見てきましたが設置工事としてはトップクラスの難易度だったと思われる発電所を発見。

近くで見るとこんな感じ

山の斜面をほぼ造成しないで作っていました。

資材の運搬とか大変そう。

職人さんたちお疲れさまでした^^

作るのは大変ですが、この斜面だと他の用途が見つけにくいですから、ソーラーは良い活用方法ですね。