住宅が立ち並ぶ所にお住まいの知人から、自宅に防犯カメラを付けたいけれど、隣との家の距離が近くてつけずらいと相談を受けました。

確かにお隣や近所の家とは5mぐらいしか離れていなく、普通に防犯カメラを取り付けた場合普通に生活をしている人にとって圧感があるのは否めません。

いくら防犯カメラが一般的になっている今でも、お店とか商店街、道路にあるのはいいけれど、「家のところ(お隣さん)に付けられると・・・。」という方も多いと思います。

そこで提案したのがセンサーライトに簡易型カメラが組み込まれているタイプや、普通の防犯カメラを何かの中に入れてカモフラージュする方法を教えてきました。

何かあった時は簡易型より普通の防犯カメラの方が絶対にいいですが、まずは手軽な簡易型カメラを取り付けて様子を見るのもいいです。

あと住宅街では極力、自分の家の方に向かってカメラを取り付ける方がトラブルを避ける方法だと思います。