今日から第13発電所作りに入りましたが、スクリュー杭打ちに苦戦。
30年以上前に埋め立てした土地とのことで、事前に予想はしていましたが予想以上に地面の中にセメントの塊が入っていて、杭が入っていかない。

苦戦しすぎて写真を撮るのを忘れていたので今日は違うネタを書こうと思います。

太陽光用の土地を開墾したり、草刈りなどで思いがけずハチに刺される事があった時に便利な器具。
まあハチじゃなくてもアブや蚊でも良いのですが、写真の器具。
ポイズンリムーバーという器具です。
さまざまなメーカーから発売されていて値段も大抵1000円以下で買えるので、1個持っているといざっていう時に役に立ちます。

ちなみに僕はスズメバチに刺された後に買いました(苦笑)
スズメバチに刺された時は持っていなかったので救急車のお世話に・・・。
その後、足長バチに刺された時は持っていたので重宝しましたので、太陽光発電所を自主管理されている方は持っていると安心できると思います。

まあスズメバチに刺された時はポイズンリムーバーを使って応急手当をした後、病院に行く事をお勧めいたします。