久々にパネルを輸入しました。

前回消費税前に2コンテナ入れていたので1年近く購入していませんでした。

本当はサクサク発電所を作っていくハズが台風や水害で作れなかったこともあります。

パネルの価格はW単価は1割ぐらい下がりましたが消費税のアップや為替の影響、輸送コストのアップなどで結果的には前回と価格はほぼ同じになってしまいました。

それに数年前と比較してパネルの価格は相当安くなっているので、多少パネルの価格が下がっても発電所全体の建築コストとして余り下がらないですね。

今までのように黙っていてもコストダウンができる時代では無くなりつつあると思います。

これからはトヨタではないですが乾いた雑巾を絞るように、設計の見直しや小さい事の積み重ねで地道にコストダウンするしかないですね。

もっとも50KWの過積載(80KW)ぐらいの発電所を作っても昔みたいに高額ではないのでいい時代ですね。