苦戦していたスクリュー杭打ちがやっと終わりました。

コンクリートに当たってしまった所や、砂利の層に当たりスクリューがねじ込めなかった所はユンボで途中まで掘ってから杭を打ちました。

引く抜き強度に不安がある場所はコンクリート攻めに

少量だったら自分でセメントを練っているのですが、今回は大量に必要だったので生コン屋さんを頼みました。

大量にセメントを使う場合、ホームセンターで材料をそろえるより、生コン屋さんを頼んでも大して変わらない金額です。

この炎天下で肉体労働は極力やりたくなかったので^^;

まあ僕の場合は1㎥以上使う場合は生コン屋さんをお願いしています。

それ以下はケースバイケースです。

一気に使う場合は生コン屋さん、数回に分けて使う場合は小型のコンクリートミキサーで捏ねています。

さてコンクリートの養生期間も必要なのと別な用事があるのでいったん現場はお休み。

今回、スクリュー杭工法がいかに便利で低コストな工事方法だと言う事が分かりました。