今回作っている発電所は、パネルの約半分はカーポート用架台に設置します。

初のカーポート用架台なので設置に手間取っていますが特に手間取ったのが基礎部分。

本来カーポート架台はコンクリート基礎が普通ですが、今回はスクリュー基礎での設計をしてもらいました。
理由はコンクリート基礎の場合、ベース部分の微調節が難しい為です。
特に横方向は数ミリしか許容範囲が無いっぽいので簡単なスクリューにしました。

施工も早いし。

実際住宅の庭に作るのなら絶対にコンクリート架台で美しくとなるのですが、「将来、車もおけたら便利かも♪」という程度なので。

でも専用の取付ベースではない(コンクリート用そのもの)だったみたいで、穴を自分で空け直さないといけませんでした^^;

やはり野立て用の架台だと穴を開けないで良いのでちょっと失敗したかもっと思いつつ、なんとかすべての架台のベース部分に穴を空け終わりました。
結局今日一日が穴空けで終わってしまったので、架台の組み立ては明日に持ち越しとなりました。